延長【公募】「産業科学技術センター リサーチルーム(貸研究室)入居者募集」のお知らせ [申込締切4/30]


大分県産業科学技術センターからのお知らせ

募集期間が延長されました。

■【公募】「産業科学技術センター リサーチルーム(貸研究室)入居者募集」のお知らせ [申込締切3/31]
  詳細 http://www.oita-ri.jp/12177


●概要:
  大分県では、現在、大分県版第4次産業革命「OITA4.0」への取組みである「ドローン産業の成長促進」と「電磁応用産業の育成」を推進するための施設「先端技術イーションラボ(Ds-Labo)」内に設置したリサーチルーム(貸研究室)の入居者の募集を行います。

●募集期間:
  令和3年4月1日(木)~4月30日(金)17:00まで(書類必着)
  「募集要項」、「入居の手引き」をご覧の上、大分県産業科学技術センターリサーチルーム入居計画書及び事業(研究開発)計画書(様式1)と関係書類をご提出ください。

●募集室数:
  1室:R101号室(令和3年5月以降入居予定)

●入居期間:
  最長3年間
  ・1年ごとに事業内容・進捗状況等のヒヤリングを行います。
  ・入居期間満了後にその延長を希望する場合は、改めて入居申請を行い入居審査を受ける必要があります。

●応募資格:
  入居対象者は、IoT、ドローン、AI及びロボット等革新的技術を活用した事業を行い、先端技術イノベーションラボ(Ds-Labo)に常駐し、施設及び設備を利活用する方です。
  ただし、県外に本拠地を置く事業者等においては、県内産業振興に資すると認められる方に限ります。
  ※大分県暴力団排除条例 第1章 第2条の(1)から(3)で定義される方及び同者に関係する方並びに事業者は応募できません。

●貸付料:
  月額 93,928円 (65,750円*)
  *ドローン協議会の会員であるなど、企業同士の連携により県内産業の振興に資すると認められる入居者は最大3割まで貸付料を減免できる場合があります。
  (ただし、入居から3年間を限度)
  月額貸付料とは別に、庁舎等管理費、電気料、水道料をご負担いただきます。

●お申込み・お問合せ先:
  大分県産業科学技術センター 企画連携担当
  TEL:097-596-7101    FAX:097-596-7110
  E-mail:info@oita-ri.jp

–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–
大分県電磁応用技術研究会 事務局(大分県産業科学技術センター内)
TEL: 097-596-7101、FAX: 097-596-7110、E-mail: info@oita-mag.jp
–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–

【公募】「産業科学技術センター リサーチルーム(貸研究室)入居者募集」のお知らせ [申込締切3/31]


大分県産業科学技術センターからのお知らせ

■【公募】「産業科学技術センター リサーチルーム(貸研究室)入居者募集」のお知らせ [申込締切3/31]
  詳細 http://www.oita-ri.jp/12053


●概要:
  大分県では、現在、大分県版第4次産業革命「OITA4.0」への取組みである「ドローン産業の成長促進」と「電磁応用産業の育成」を推進するための施設「先端技術イーションラボ(Ds-Labo)」内に設置したリサーチルーム(貸研究室)の入居者の募集を行います。

●募集期間:
  令和3年3月1日(月)~3月31日(水)17:00まで(書類必着)
  「募集要項」、「入居の手引き」をご覧の上、大分県産業科学技術センターリサーチルーム入居計画書及び事業(研究開発)計画書(様式1)と関係書類をご提出ください。

●募集室数:
  1室:R101号室(令和3年5月以降入居予定)

●入居期間:
  最長3年間
  ・1年ごとに事業内容・進捗状況等のヒヤリングを行います。
  ・入居期間満了後にその延長を希望する場合は、改めて入居申請を行い入居審査を受ける必要があります。

●応募資格:
  入居対象者は、IoT、ドローン、AI及びロボット等革新的技術を活用した事業を行い、先端技術イノベーションラボ(Ds-Labo)に常駐し、施設及び設備を利活用する方です。
  ただし、県外に本拠地を置く事業者等においては、県内産業振興に資すると認められる方に限ります。
  ※大分県暴力団排除条例 第1章 第2条の(1)から(3)で定義される方及び同者に関係する方並びに事業者は応募できません。

●貸付料:
  月額 93,928円 (65,750円*)
  *ドローン協議会の会員であるなど、企業同士の連携により県内産業の振興に資すると認められる入居者は最大3割まで貸付料を減免できる場合があります。
  (ただし、入居から3年間を限度)
  月額貸付料とは別に、庁舎等管理費、電気料、水道料をご負担いただきます。

●お申込み・お問合せ先:
  大分県産業科学技術センター 企画連携担当
  TEL:097-596-7101    FAX:097-596-7110
  E-mail:info@oita-ri.jp

–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–
大分県電磁応用技術研究会 事務局(大分県産業科学技術センター内)
TEL: 097-596-7101、FAX: 097-596-7110、E-mail: info@oita-mag.jp
–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–

【公募】「ものづくり中小企業コロナ危機対応再興支援事業費補助金 第3次公募」開始のお知らせ [申込締切4/23]


大分県商工観光労働部工業振興課からのお知らせ

■【公募】「ものづくり中小企業コロナ危機対応再興支援事業費補助金 第3次公募」開始のお知らせ [申込締切4/23]
  詳細 https://www.pref.oita.jp/soshiki/14200/02saikousien3.html
  (大分県のホームページが開きます)


●概要:
  2月16日より、『ものづくり中小企業コロナ危機対応再興支援事業費補助金』の第3次公募が開始されました。事業の概要は下記のとおりです。

●事業内容:
  コロナ感染症により落ち込んだ売上げ等を回復させるため、今後3年間を目途として売上げの回復を図るための「コロナ危機対応 事業再興計画」を策定し、同計画に基づいて実施する設備投資、研究開発及び販路開拓に関する経費を支援するもの。

●補助対象者:
  県内に事業所を有する中小企業等であって、統計法(平成19年法律第53号)の規定に基づき、統計基準として定められた日本標準産業分類(平成25年総務省告示第405号)に規定する製造業者又は知事が認めるもの。
  (第1次公募又は第2次公募において認定を受けた者を除く)

●補助対象要件:
  1.令和2年2月以降の1箇月間の売上が前年同月比で10%以上減少した者(一般事業者)
  2.令和2年2月以降の1箇月間の売上が前年同月比で15%以上減少した者(特別事業者)

●補助事業の種類:
  ①設備投資:生産性向上のため、年1%以上の生産効率向上を目的とした設備導入、又は新規分野への挑戦等に必要とする設備導入に係る経費を補助する。
  ②研究開発:市場競争力のある製品創出のため、自社内で行う研究開発や、他機関との共同研究、他機関への委託研究に係る経費を補助する。
  ③販路開拓:販路の開拓を目的とした展示会・商談会への出展に係る費用・旅費やインターネット上での販路開拓に必要な経費を補助する。

●補助対象経費:
  ①設備投資:機械装置購入費、システム構築費
  ②研究開発:専門家謝金、専門家旅費、旅費、原材料費、機械装置・工具器具費、外注加工・分析費、手数料、技術指導料、事務庁費、委託費、その他経費
  ③販路開拓:専門家謝金、専門家旅費、旅費、展示会出展費、事務庁費、ホームページ制作費、その他経費

●補助率:
  1.一般事業者:3/4以内
  2.特別事業者:5/6以内

  補助上限額:
  ①設備投資:500万円、②研究開発:300万円、③販路開拓:200万円
  ※①、②、③をそれぞれ組み合わせた場合の補助金の上限額は500万円

●受付期間:
  令和3年2月26日(金)から4月23日(金)まで

  応募条件の詳細や申請方法等は以下のHPをご参照ください。
https://www.pref.oita.jp/soshiki/14200/02saikousien3.html

●お問い合わせ先:
  大分県商工観光労働部工業振興課
  TEL:097-506-3267 FAX:097-506-1753

–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–
大分県電磁応用技術研究会 事務局(大分県産業科学技術センター内)
TEL: 097-596-7101、FAX: 097-596-7110、E-mail: info@oita-mag.jp
–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–

【公募】「第7回大分県IoT推進ラボ認定プロジェクト」公募のお知らせ [申込締切4/16]


大分県 先端技術挑戦室からのお知らせ

■【公募】「第7回大分県IoT推進ラボ認定プロジェクト」公募のお知らせ [申込締切4/16]
  詳細 https://www.pref.oita.jp/site/oita-iot-lab/20210308.html
  (大分県のホームページが開きます。)


●概要:
  大分県では、IoTやAI、ロボット等を活用し、地域課題の解決や新ビジネスの創出を目指す先端技術への挑戦~大分県版第4次産業革命「OITA4.0」~に取組んでいます。
  この度、大分県IoT推進ラボでは先端技術に挑戦する元気な県内企業を後押しするため、認定プロジェクトの公募を行います。

●プロジェクトの認定:
  ○対象プロジェクト
  (1)地域課題解決型のプロジェクトであること
  (2)企業、高等教育機関、研究機関、団体等を構成員とするコンソーシアムを原則とし、その中に県内事業所を置く中小企業者等を含んでいること
  (3)IoT、AI、ビッグデータ、ロボット等、最先端技術を活用するプロジェクトであること

  【認定のメリット】
  ・IoT推進ラボロゴマークを使用できます。 
  ・IoT推進ラボ事業においてPRを行います。
  ・IoT推進ラボが資金獲得支援、規制緩和要望検討等のサポートを行います。
  ・先端技術挑戦プロジェクト推進事業費補助金への申請が可能となります。
  (本認定がなければ同補助金への申請はできません)
  ※先端技術挑戦プロジェクト推進事業費補助金については、大分県議会令和3年第1回定例会における令和3年度一般会計当初予算の成立を条件とします。

●公募期間:
  令和3年3月8日(月)~4月16日(金)

●申請方法:
  認定申請書類(様式)に必要事項を記入のうえ、下記連絡先までE-mailでご提出ください。
  ※認定申請書類(様式)は下記URL先(県HP)からダウンロードしてください。
https://www.pref.oita.jp/site/oita-iot-lab/20210308.html

●提出・連絡先
  〒870-8501 大分市大手町3丁目1番1号
  大分県先端技術挑戦室 先端技術挑戦班
  Email:a14270@pref.oita.lg.jp
  Tel:097-506-2063    Fax:097-506-1728
  (令和3年4月1日以降の提出先については、別途県HPにてお知らせします。)

–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–
大分県電磁応用技術研究会 事務局(大分県産業科学技術センター内)
TEL: 097-596-7101、FAX: 097-596-7110、E-mail: info@oita-mag.jp
–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–

【大分県】「湯けむりスタートアップサミット」開催のお知らせ(3/12)


大分県経営創造・金融課課からのお知らせ

■【大分県】「湯けむりスタートアップサミット」開催のお知らせ(3/12)
詳細 https://yss.oita.jp/


 大分県では、今年度で18回目となる「大分県ビジネスプラングランプリ」や平成27年度に設置したインキュベーション施設「おおいたスタートアップセンター」を中心に、様々な切り口でスタートアップ支援プロジェクトを展開しています。
 今回、成長意欲の高いスタートアップを対象とした総合支援事業「湯けむりアクセラレーションプログラム」に参加する企業や起業に挑戦する留学生によるピッチイベントを開催し、
事業化を支援するとともに、日本の第一線で活躍されているスペシャリストを招いたパネルセッションを開催します。
 大分のベンチャーの熱気と全国のトレンドを感じることができるオンライン形式のイベントで、参加上限数も多めに設定しております。
 ベンチャー・スタートアップはもとより、パネルディスカッションのテーマや登壇者等にご興味・ご関心のある県職員の皆さま、お気軽にご参加ください!

1 イベント日時:2021年3月12日(金) 13:00~17:05

2 参加申込み・詳細:公式ホームページをご覧ください。( https://yss.oita.jp/

3 プログラム内容:
①パネルディスカッション(テーマ:Next Local Vision)
※登壇者はオンライン形式で参加します。
②県内スタートアップによるピッチ
③県内留学生によるピッチ

4 共催:公益財団法人大分県産業創造機構(おおいたスタートアップセンター)、大分県

5 運営:有限責任監査法人 トーマツ

6 パネルディスカッションの紹介:(テーマ『Next Local Vision』)
 現在の変革期を超えた先に地域はどのように進化できるのか、地域のスタートアップや
企業にとってどのような可能性や機会が生じるかなど未来に対する地域の可能性について
議論します。

<登壇者>
落合 陽一
メディアアーティスト 

石山アンジュ(大分県と東京都の2拠点で活動)
一般社団法人Public Meets Innovation代表/一般社団法人シェアリングエコノミー協会事務局長

香月 稔
有限責任監査法人トーマツ福岡事務所  TS開発部門 ベンチャー支援担当 九州地区リーダー

佐々木 紀彦
NewsPicks NewSchool 校長

7 登壇する県内スタートアップの紹介:
株式会社CloudBCP 代表取締役 衛藤 嵩史 https://www.cloud-bcp.com/
災害時の事業復旧活動をトータルにサポートするWeb・スマホアプリケーションサービス CloudBCPを展開し、企業が行うBCP(事業継続計画)の策定から運用、実行までをIT技術で支援する。

株式会社グランゲート 代表取締役 岡庭 真一 https://www.grandgate.jp/
日本初の新製法(Wコールド製法)を用いた画期的な生絞りジュースの販路拡大を主な目的とし、高付加価値な農産加工品として、国内市場に向けた業界別販売戦略に挑戦する。

島田電子工業株式会社 事業責任者 島田 直弥 https://sdk-info.com/
工場の設備稼働率を向上させ、工場の生産性UPを強力にサポートするIoTシステム「Device Watcher」を展開。工場設備の稼働率は生産性に関わる重要指標でありながら、実は見える化できている企業は全体の18%程度であり、見える化したいができていない企業の割合は50%を超える。「Device Watcher」を通じてどんな企業でも簡単に使える生産性向上支援の仕組みを提供する。

株式会社JIITAK 代表取締役 小林 夢輝 https://jiitak.jp/
物理的な書類と事務業務をデジタル化する電子ベースの(EB)プラットフォームであり、幅広い業界に合わせてカスタマイズできる非接触型組織体制の構築を支えるクラウド型グループウェア「Wohance」を展開。近年のテレワーク等による働き方改革の動向と需要増加に伴い浮き彫りとなった社内外業務管理の課題を解決するワンストップソリューションを顧客に提供する。

株式会社BIOISM 代表取締役 高橋 幸司 https://www.bioism.co.jp/
全国唯一のごみ収集・運搬業務に特化したITソリューションを提供。ユーザー目線で自社開発した『クラウド型廃棄物総合業務支援ソリューション(ごみ物語シリーズ)』に加え、毎日1600台以上の収集車両から蓄積される収集情報ビッグデータやAIを活用した「廃棄物収集専用ナビゲーション」「自動配車システム」などを構築し、顧客・地域の実情に応じたコンサルティングと併せて国内外への展開を進める。

8 登壇する県内留学生4チームの紹介
SHIITAKE MUSTROOM 国籍:バングラデシュ、日本
別府の宝である椎茸商品を世界中に広める事業を展開

OGP(Oita Gateway Project) 国籍:イラン
大分県の観光や企業をPRする事業を展開

Team AMAMI 国籍:アメリカ、日本
奄美地方でのホームステイを促進し、ダイバーシティに寄与する事業を展開

CAR告 国籍:インド
乗用車を広告媒体として企業に提供するビジネスを展開

9 担当
大分県商工観光労働部 経営創造・金融課 麻生
電話:097-506-3232
email:asou-ryutaro@pref.oita.lg.jp

–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–
大分県電磁応用技術研究会 事務局(大分県産業科学技術センター内)
TEL: 097-596-7101、FAX: 097-596-7110、E-mail: info@oita-mag.jp
–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–

【セミナー】「EMC規格オンラインセミナー~移動型ロボットおよび医療福祉機器~」開催のお知らせ(2/26)


■「EMC規格オンラインセミナー~移動型ロボットおよび医療福祉機器~」開催のお知らせ(2/26)
詳細 http://www.oita-ri.jp/11927


●概要:
EMCに対する重要性の高まりから規格の整備が進んでいますが、製品ごとに要求される規格は様々で、試験方法も異なります。本セミナーでは、移動型ロボットおよび医療福祉機器に焦点を当て、EMC規格と必要となる試験についてご講演いただきます。
ご関心のある方はぜひご参加ください。

●日時:
令和3年2月26日(金)10:00~12:00

●配信方法:
ZOOMによるオンライン配信

●講演内容:
講師:株式会社東陽テクニカ EMCマイクロウェーブ計測部
      iNARTE 認定EMCエンジニア 生田 純也 氏

1.「移動型ロボットに関連するEMC規格および試験について」
(10:00~10:50)
2.「医療福祉機器に関連するEMC規格および試験について」
(10:50~11:40)
3. 質疑応答
(11:40~12:00)

●参加料:
無料

●申込方法
下記のURLから申込フォームへ移動し、必要事項を入力のうえお申込み
ください。
https://www.egov-oita.pref.oita.jp/EMVFOaVP

●問い合わせ先:
大分県産業科学技術センター 電子・情報担当 浜野
電話:097-596-7101 FAX:097-596-7110
メール:r-hamano@oita-ri.jp

–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–
大分県電磁応用技術研究会 事務局(大分県産業科学技術センター内)
TEL:097-596-7101、FAX:097-596-7110、E-mail:info@oita-mag.jp
–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–

【大分県産業科学技術センター】「ものづくりプラザの入居者募集」のお知らせ(〆切11/30)


大分県産業科学技術センターからのお知らせ

■「大分県産業科学技術センター『ものづくりプラザ』の入居者募集」(11/2~11/30)のお知らせ
  詳細 http://www.oita-ri.jp/11716


●概要:
大分県産業科学技術センターでは、大分の活力創造に向けた「次世代産業の育成」と「県内産業の基盤強化」に向け、県内のベンチャー企業を含む新分野・新技術開発に取り組む中小企業等(これから創業する個人等も含む)が「研究開発型企業」や「ニッチトップ企業」へステップアップする事を支援しています。
これらの研究開発等に取り組む企業の皆様にご利用いただく施設として「ものづくりプラザ」をセンター内に設置しています。
この度、下記により「ものづくりプラザ」入居者の募集を行います。
入居を希望される方は、詳細ホームページにある事業計画書等、所定の書類をご提出ください。
なお、入居者は入居審査会での審査で決定されます。

●応募資格:
入居対象者は、県内のベンチャー企業を含む新分野・新技術開発に取り組む中小企業等(これから創業する個人等も含む)、「ものづくりプラザ」に常駐し、施設を利活用する方です。
ただし、県外に本拠地を置く事業者等においては、県内産業振興に資すると認められる方に限ります。

※大分県暴力団排除条例 第1章第2条の(1)から(3)で定義される方及び同者に関係する方並びに事業者は応募できません。
(定義の詳細については、お問い合わせください。)

●募集室数・入居期間:
募集室数 1室:M102号室(R3年1月以降入居予定)
入居期間 最長3年間
※詳細は、募集サイトの施設使用料の表及び施設平面図に掲げるとおりで

●募集期間:
令和2年11月2日(月)から令和2年11月30日(月)まで

●お問合せ先:
大分県産業科学技術センター 企画連携担当
TEL 097-596-7101

–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–
大分県電磁応用技術研究会 事務局(大分県産業科学技術センター内)
TEL:097-596-7100    FAX:097-596-7110
E-mail:info@oita-mag.jp
–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–


【大分県産業科学技術センター】「令和2年度研究発表会」のお知らせ(11/16)


大分県産業科学技術センターからのお知らせ

■「大分県産業科学技術センター 令和2年度研究発表会」のお知らせ
詳細 http://www.oita-ri.jp/11685


●概要:
大分県産業科学技術センターで取り組んだ研究を県内企業の皆様に広く知っ ていただくため、研究発表会を開催いたします。今回は、オンライン聴講も可能です。
センターとの共同研究を検討中、または研究内容にご興味のある皆様の聴講 をお待ちしております。

●日時:
令和2年11月16日(月) 14:10~ 受付は13:30~

●場所:
大分県産業科学技術センター 多目的ホール

●研究発表 14:10~15:30
1)モータ積層コアの損失計測技術の高度化とシステム開発
2)可視光応答型複合薄膜光触媒材料の開発
3)高品質なかぼす養殖生産のためのかぼすパウダー製造方法の確立
4) コロナウィルス対策に関する製品開発支援事例

●施設見学 15:35~1時間程度
3Dプリンタ、電波暗室、磁気シールドルーム、マイクロフォーカスX線CT他
 
●定員:
上記会場での聴講 80名
オンラインでの聴講 50名
施設見学 20名(会場での聴講の方のみ対象です。ご了承ください。)

●参加費:
無料

●申し込み方法:
インターネットからのお申込みはこちらから↓
https://www.egov-oita.pref.oita.jp/ZaIc2ysu
FAX、メールでのお申し込みは、詳細URLのチラシ内の申し込み欄をご記入の上、
下記お問い合わせ先FAX、メールにてお送りください。

●問い合わせ先
大分県産業科学技術センター 企画連携担当 橋口、高橋
TEL:097-596-7100 FAX:097-596-7110
E-mail:info@oita-ri.jp 

–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–
大分県電磁応用技術研究会 事務局(大分県産業科学技術センター内)
TEL: 097-596-7101、FAX: 097-596-7110、E-mail: info@oita-mag.jp
–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–

【大分県産業科学技術センター】「分かりやすい卓上型走査電子顕微鏡セミナー」のお知らせ(11/27)


大分県産業科学技術センターからのお知らせ

■「分かりやすい卓上型走査電子顕微鏡セミナー」のお知らせ
詳細 http://www.oita-ri.jp/11676


●概要:
大分県産業科学技術センターでは、平成30年度に「卓上型走査電子顕微鏡」 を(公財)JKAの補助により導入しました。本装置は、操作が比較的容易な走査電子顕微鏡で、機械金属から半導体、食品、医療機器などの幅広い分野の皆様にご利 用頂いております。
本セミナーでは、走査電子顕微鏡やEDS装置(元素分析)の基本原理から取得したデータの見方、試料の前処理方法等について、メーカーの講師の方よりオンラ イン講義を行っていただきます。また、導入した卓上型走査電子顕微鏡 TM4000Plus((株)日立ハイテクノロジーズ社製)及びEDS装置Quantax75(ブルカー社製)のデモ機を使用した紹介・実演も行います。走査電子顕微鏡やEDS装置について基本から学びたい方から更なるスキルアップをお考えの方まで、多くの皆様のご参加を お待ちしております。

●日時:
令和2年11月27日(金)13:15~16:55(12:45受付開始)

●場所:
大分県産業科学技術センター 第1研修室ほか
※Teamsによるオンライン講義を予定しております。
※コロナウイルス感染防止のため、マスク着用でご参加下さい。

●受講料:
無料

●定員:
10名(定員になり次第〆切)
※お申込多数の場合は、ご参加頂ける人数を各社で調整頂く可能性がございます。

●申込期限:
令和2年11月24日(火)17:00必着

●申込方法:
上記詳細URLから開催案内をダウンロードし、受講申込書に必要事項をご記入 の上、
FAXまたはメールにてお申込みください。

●申込(問合せ)先:
大分県産業科学技術センター 金属担当 宮城 友昭
TEL:097-596-7111(内線304) FAX:097-596-7110
E-mail:t-miyagi@oita-ri.jp

–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–
大分県電磁応用技術研究会 事務局(大分県産業科学技術センター内)
TEL: 097-596-7101、FAX: 097-596-7110、E-mail: info@oita-mag.jp
–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–

【大分県産業科学技術センター】「ものづくりプラザの入居者募集」のお知らせ(〆切 10/30)


大分県産業科学技術センターからのお知らせ

■「ものづくりプラザの入居者募集」のお知らせ(〆切 10/30)
詳細 http://www.oita-ri.jp/11664


●概要:
大分県産業科学技術センターでは、大分の活力創造に向けた「次世代産業の育成」と「県内産業の基盤強化」に向け、県内のベンチャー企業を含む新分野・新技術開発に取り組む中小企業等(これから創業する個人等も含む)が「研究開発型企業」や「ニッチトップ企業」へステップアップする事を支援しています。
これらの研究開発等に取り組む企業の皆様にご利用いただく施設として「ものづくりプラザ」をセンター内に設置しています。
この度、下記により「ものづくりプラザ」入居者の募集を行います。
入居を希望される方は、詳細ホームページにある事業計画書等、所定の書類をご提出ください。
なお、入居者は入居審査会での審査で決定されます。

●応募資格:
入居対象者は、県内のベンチャー企業を含む新分野・新技術開発に取り組む中小企業等(これから創業する個人等も含む)、「ものづくりプラザ」に常駐し、施設を利活用する方です。
ただし、県外に本拠地を置く事業者等においては、県内産業振興に資すると認められる方に限ります。

※大分県暴力団排除条例 第1章第2条の(1)から(3)で定義される方及び同者に関係する方並びに事業者は応募できません。
(定義の詳細については、お問い合わせください。)

●募集室数・入居期間:
募集室数 1室:M102号室(12月以降入居予定)
入居期間 最長3年間
※詳細は、募集サイトの施設使用料の表及び施設平面図に掲げるとおりです。

●募集期間:
令和2年10月1日(木)から令和2年10月30日(金)まで

●お問合せ先:
大分県産業科学技術センター 企画連携担当
TEL 097-596-7101

–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–
大分県電磁応用技術研究会 事務局(大分県産業科学技術センター内)
TEL: 097-596-7101、FAX: 097-596-7110、E-mail: info@oita-mag.jp
–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–