活動報告

令和2年度

概要

 令和2年度は、前年度に引き続き、地場企業の電磁応用機器分野への参入を促すため、モータ評価など15の研究開発支援活動をおこなうとともに、これまで地場企業が開発してきた電磁応用機器の広報および販売促進のため、展示会出展や県外企業への訪問をおこなった。その結果、会員企業の事業化案件2件、新たな研究開発案件4件が始まった。
 現在会員数は、76社4機関102名。


電磁力応用技術セミナー

電磁力応用技術の応用技術、周辺技術などを情報提供


  

(1) ISO/IEC 17025 システム構築基礎セミナー
・ISO/IEC17025システム構築概要、リスク管理など試験所運用の解説など
 (JFEテクノリサーチ株式会社)

(2) 「実習で学ぶはじめての電磁界解析」セミナー(オンライン開催)
・電磁界解析基礎講座、JMAG-Express Onlineを利用した磁界解析の体験など
 (株式会社JSOL)

(3) パワエレ機器の電力・高調波測定装置と評価装置の基礎 オンライン開催)
・パワーエレクトロニクス技術の開発に有用なパワーアナライザと、開発機器や素子の評価等に活用できるパワーアンプについての技術解説
 (横河計測株式会社、岩崎通信機株式会社)
電磁力応用技術セミナー2020

展示会出展

大分県電磁応用技術研究会 会員企業の事業紹介並びに技術のPR

  

・TECHNO-FRONTIERバーチャル展示会2020(バーチャル 9月)
・ネプコンジャパン(東京ビッグサイト 1月)
・オートモーティブワールド2021 《第12回 EV・HV・FCV技術展(EV JAPAN)》
(東京ビッグサイト&バーチャル 1月)
・令和3年電気学会全国大会オンライン展示会(バーチャル 3月)
展示会出展2020