活動報告

令和元年度

概要

令和元年度は、前年度に引き続き、地場企業の電磁応用機器分野への参入を促すため、モータ評価など11の研究開発支援活動をおこなうとともに、これまで地場企業が開発してきた電磁応用機器の広報および販売促進のため、展示会出展や県外企業への訪問をおこなった。その結果、会員企業の事業化案件2件、新たな研究開発案件2件が始まった。 現在会員数は、76社4機関100名。


電磁力応用技術セミナー

電磁力応用技術の応用技術、周辺技術などを情報提供


  

(1) 自動車・機械金属技術者のための電磁応用セミナー
・磁粉探傷の基礎から着磁・脱磁まで、ポイントやノウハウの解説
 (日本電磁測器株式会社)

(2) ISO/IEC 17025 システム構築基礎講座
・ISO/IEC17025システム構築概要、試験所認定審査など
 (JFEテクノリサーチ株式会社)

(3) 実習で学ぶはじめての電磁界解析セミナー
・電磁界解析基礎講座、JMAG-Designerの操作、設計解析の実習など
 (株式会社JSOL)

(4) レーザドップラ振動計活用セミナー ~振動・騒音を非接触で、ピンポイントで測定~
・最新のレーザドップラ振動計の活用例、及び、振動測定技術の基礎と応用事例など
 (ポリテックジャパン株式会社)
電磁力応用技術セミナー2019

展示会出展

大分県電磁応用技術研究会 会員企業の事業紹介並びに技術のPR

  

・第37回モータ技術展 -TECHNO FRONTIER 2019-(幕張メッセ 4月)
・電気学会産業応用部門大会(長崎 8月)
・日本磁気学会(京都 9月)
・SEMICON JAPAN 2019 (東京ビッグサイト 12月)
・ネプコンジャパン(東京ビッグサイト 1月)
展示会出展2019