「令和3年度 九州・沖縄 産業技術オープンイノベーションデー」のお知らせ [10/7]


大分県産業科学技術センターからのお知らせ

■「令和3年度 九州・沖縄 産業技術オープンイノベーションデー」のお知らせ [10/7]
  詳細 http://www.oita-ri.jp/12783


●概要:
 本イベントは、産総研九州センターと九州経済産業局とが、九州・沖縄各県公設試、九州地方知事会等の各機関と一体となって、企業経営者、技術者・研究者及び中小企業支援機関のコーディネータ等との情報交換を密に行い、オープンイノベーションを促進する場として、平成23年度より実施しています。
 第11回目となる今年度は、特にウイズ・コロナ/アフター・コロナへの対応をはじめとする地域産業界が抱える課題をこれまで以上に意識しつつ、公設試及び産総研の最先端技術や共同研究成果等の情報を積極的に発信し、各機関の利活用促進と相互連携を加速することにより、社会課題の解決と産業競争力の強化に貢献する地域イノベーションの創出を図ることを目的として開催いたします。
 多数の皆様のご参加をお待ちしております。

●日時:
令和3年10月7日(木)10:00~17:10

●会場:
オンライン開催(Cisco Webex 活用予定)

●参加費:
無料

●主催:
国立研究開発法人 産業技術総合研究所九州センター、経済産業省九州経済産業局

●共催:
九州・沖縄地域産業技術連携推進会議(産技連)、産技連九州・沖縄地域部会、
内閣府沖縄総合事務局、福岡県工業技術センター、佐賀県工業技術センター、
佐賀県窯業技術センター、佐賀県立九州シンクロトロン光研究センター、
長崎県工業技術センター、長崎県窯業技術センター、熊本県産業技術センター、
大分県産業科学技術センター、宮崎県工業技術センター、宮崎県食品開発センター、
鹿児島県工業技術センター、沖縄県工業技術センター、九州地方知事会、
九州イノベーション創出戦略会議

●主な行事:
◇産総研九州センター講演会
◇特別講演「中小企業にもできるMZプラットフォームを用いたデジタル経営」
◇九州・沖縄地域 企業&公設試・産総研 合同成果発表会
◇公設試・産総研の技術シーズ紹介 ◇支援機関等の活動(支援内容)紹介
※詳細につきましては、産総研九州センターホームページ内の
「令和3年度 九州・沖縄産業技術オープンイノベーションデー」サイトをご参照下さい。
https://www.aist.go.jp/kyushu/

●申込方法:
(申込頂いた方へ、オンライン参加方法等についてご連絡いたします。)
◇以下の申込URL、又はホームページから9月27日迄にお申込み下さい。
・申込URL https://forms.office.com/r/EQKAk6kUDd
・産総研九州センターホームページ内の
「令和3年度 九州・沖縄産業技術オープンイノベーションデー」サイト 
https://www.aist.go.jp/kyushu/

●お問合せ先:
国立研究開発法人 産業技術総合研究所 九州センター
九州・沖縄産業技術オープンイノベーションデー事務局
〒841-0052 佐賀県鳥栖市宿町807-1
TEL: 0942(81)3606 FAX:0942(81)4089
E-mail:q-openday-jimu-ml@aist.go.jp

–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–
大分県電磁応用技術研究会 事務局(大分県産業科学技術センター内)
TEL: 097-596-7101、FAX: 097-596-7110、E-mail: info@oita-mag.jp
–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–

【公募】「令和3年度 大分県ドローン産業社会実装促進事業費補助金」募集開始のお知らせ [申込締切9/22]


大分県ドローン協議会からのお知らせ

■【公募】「令和3年度 大分県ドローン産業社会実装促進事業費補助金」募集開始のお知らせ [申込締切9/22]
  詳細 https://www.pref.oita.jp/soshiki/14240/dronesyakaizissouhojyo2.html


●概要:
 大分県ドローン協議会では、ドローンの活用シーンを広く一般に公開することでドローンの社会実装を促進することを目的とし、ドローンによる産業上の課題解決又は地域振興につながるドローンの活用事例創出のために実施する実証実験を支援します。

●補助金額及び補助率:
 補助金額 1,500千円以内
 補助率 2分の1
 採択予定件数 3件程度(予算の範囲内)

●補助期間:
 交付決定の日から令和4年2月15日まで

●補助事業内容:
1.実施するフィールドは大分県内であること。
2.ドローンの有用性が発揮されることで、産業上の課題解決を図る事業又は地域振興につながるドローンの活用事例を創出する事業であること。
3.ドローンの活用シーンを広く一般に公開する機会を採択年度に設けること。ただし、ドローンの活用シーンを広く一般に公開する機会を設けることが難しい場合は、実証実験の内容や成果等について実証実験後に公表すること。

●提出期間:
令和3年9月22日(水曜日)午後5時まで
※以下提出先のe-mailアドレスに必要書類を送付してください。

●提出先:
大分県商工観光労働部新産業振興室(大分県ドローン協議会事務局)
TEL:097-506-3273(佐藤・荒木)
E-mai:a14140@pref.oita.lg.jp

●その他:
補助対象経費などの詳細は以下URLの県庁ホームページをご確認ください。
https://www.pref.oita.jp/soshiki/14240/dronesyakaizissouhojyo2.html

●お問合せ先:
大分県商工観光労働部 新産業振興室 新産業・技術振興班(担当:佐藤・荒木)
TEL:097-506-3273

–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–
大分県電磁応用技術研究会 事務局(大分県産業科学技術センター内)
TEL: 097-596-7101、FAX: 097-596-7110、E-mail: info@oita-mag.jp
–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–

【公募】「産業科学技術センター リサーチルーム(貸研究室)入居者募集期間延長」のお知らせ [申込締切9/30]


大分県産業科学技術センターからのお知らせ

■【公募】「産業科学技術センター リサーチルーム(貸研究室)入居者募集期間延長」のお知らせ [申込締切9/30]
  詳細 http://www.oita-ri.jp/12736


●概要:
  大分県では、現在、大分県版第4次産業革命「OITA4.0」への取組みである「ドローン産業の成長促進」と「電磁応用産業の育成」を推進するための施設「先端技術イーションラボ(Ds-Labo)」内に設置したリサーチルーム(貸研究室)の入居者の募集を行います。

●募集期間:
  令和3年9月1日(水)~9月30日(木)17:00まで(書類必着)
  「募集要項」、「入居の手引き」をご覧の上、大分県産業科学技術センターリサーチルーム入居計画書及び事業(研究開発)計画書(様式1)と関係書類をご提出ください。

●募集室数:
  1室:R101号室(令和3年11月以降入居予定)

●入居期間:
  最長3年間
  ・1年ごとに事業内容・進捗状況等のヒヤリングを行います。
  ・入居期間満了後にその延長を希望する場合は、改めて入居申請を行い入居審査を受ける必要があります。

●応募資格:
  入居対象者は、IoT、ドローン、AI及びロボット等革新的技術を活用した事業を行い、先端技術イノベーションラボ(Ds-Labo)に常駐し、施設及び設備を利活用する方です。
  ただし、県外に本拠地を置く事業者等においては、県内産業振興に資すると認められる方に限ります。
  ※大分県暴力団排除条例 第1章 第2条の(1)から(3)で定義される方及び同者に関係する方並びに事業者は応募できません。

●貸付料:
  月額 93,928円 (65,750円*)
  *ドローン協議会の会員であるなど、企業同士の連携により県内産業の振興に資すると認められる入居者は最大3割まで貸付料を減免できる場合があります。
  (ただし、入居から3年間を限度)
  月額貸付料とは別に、庁舎等管理費、電気料、水道料をご負担いただきます。

●お申込み・お問合せ先:
  大分県産業科学技術センター 企画連携担当
  TEL:097-596-7101    FAX:097-596-7110
  E-mail:info@oita-ri.jp

–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–
大分県電磁応用技術研究会 事務局(大分県産業科学技術センター内)
TEL: 097-596-7101、FAX: 097-596-7110、E-mail: info@oita-mag.jp
–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–

【募集】「オートモーティブ ワールド2022《第13回EV・HV・FCV技術展》共同出展企業募集」のご案内 [申込締切 9/30]


大分県電磁応用技術研究会からのご案内

■「オートモーティブ ワールド2022《第13回EV・HV・FCV技術展》共同出展企業募集」のご案内 [申込締切 9/30]
※当研究会が、研究会会員企業と共同で出展するものです。


●概要:
 大分県電磁応用技術研究会では、会員企業の新規取引先開拓を支援するため、オートモーティブ ワールド2022《第13回EV・HV・FCV技術展》に出展いたします。そこで、ブース内に製品や試作品を展示する会員企業を募集します。
 新たな取引先の開拓をお考えの会員企業様は、是非この機会にご応募ください。

●展示会名:
オートモーティブ ワールド2022《第13回EV・HV・FCV技術展》
https://www.evjapan.jp/ja-jp.html

オートモーティブ ワールド2022
https://www.automotiveworld.jp/ja-jp.html

●開催日時:
令和4年1月19日(水)~ 21日(金)

●開催場所:
東京ビッグサイト(東京都江東区有明3丁目11-1)

●展示会の概要:
◇クルマの電動化分野 日本最大!

◇電動車両の中枢技術であるモータ・インバータ、二次電池、充電に関するあ  らゆる技術が一堂に出展。FCV向け技術もコンセプトに加わり、規模を拡大して開催!

◇世界中の自動車メーカー・自動車部品メーカー・燃料電池メーカーとの技術相談・商談のための展示会

●対象企業:
自動車の電動化やEVモータなどに関連する企業

●募集数:
1~2社

●展示費用:
無料(研究会で展示ブース(3m×2.7m)を準備)

●応募条件:
・製品、試作品を展示可能なこと(パンフレットのみは不可)
・展示設営から展示説明、撤去搬出までの全日程で現地対応が可能なこと
・展示品運搬費用、出張旅費は自社負担が可能なこと

●申込方法:
上記URLから「出展申込書」をダウンロードし、必要事項を記入の上、
事務局へメール添付にて提出してください。
【提出先】info@oita-mag.jp

●申込締切:
令和3年9月30日(木)

●問合せ先:
大分県電磁応用技術研究会 事務局 担当:城門(きど)
TEL:097-596-7101 E-mail:yu-kido@oita-ri.jp

–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–
大分県電磁応用技術研究会 事務局(大分県産業科学技術センター内)
TEL: 097-596-7101、FAX: 097-596-7110、E-mail: info@oita-mag.jp
–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–

令和2年度 大分県電磁応用技術研究会 活動報告

概要

 令和2年度は、前年度に引き続き、地場企業の電磁応用機器分野への参入を促すため、モータ評価など15の研究開発支援活動をおこなうとともに、これまで地場企業が開発してきた電磁応用機器の広報および販売促進のため、展示会出展や県外企業への訪問をおこなった。その結果、会員企業の事業化案件2件、新たな研究開発案件4件が始まった。
 現在会員数は、76社4機関102名。


電磁力応用技術セミナー

電磁力応用技術の応用技術、周辺技術などを情報提供


  

(1) ISO/IEC 17025 システム構築基礎セミナー
・ISO/IEC17025システム構築概要、リスク管理など試験所運用の解説など
 (JFEテクノリサーチ株式会社)

(2) 「実習で学ぶはじめての電磁界解析」セミナー(オンライン開催)
・電磁界解析基礎講座、JMAG-Express Onlineを利用した磁界解析の体験など
 (株式会社JSOL)

(3) パワエレ機器の電力・高調波測定装置と評価装置の基礎 オンライン開催)
・パワーエレクトロニクス技術の開発に有用なパワーアナライザと、開発機器や素子の評価等に活用できるパワーアンプについての技術解説
 (横河計測株式会社、岩崎通信機株式会社)
電磁力応用技術セミナー2020

展示会出展

大分県電磁応用技術研究会 会員企業の事業紹介並びに技術のPR

  

・TECHNO-FRONTIERバーチャル展示会2020(バーチャル 9月)
・ネプコンジャパン(東京ビッグサイト 1月)
・オートモーティブワールド2021 《第12回 EV・HV・FCV技術展(EV JAPAN)》
(東京ビッグサイト&バーチャル 1月)
・令和3年電気学会全国大会オンライン展示会(バーチャル 3月)
展示会出展2020

【展示会】「2021年電気学会産業応用部門大会 企業展示会(オンライン)」に出展します(期間 8/18~9/3)


■「2021年電気学会産業応用部門大会 企業展示会(オンライン)」に出展します(期間 8/18~9/3)

2021年電気学会産業応用部門大会 公式サイト
https://www.gakkai-web.net/gakkai/jiasc/hp21/index.html
2021年8月25日(水)〜8月27日(金)
ニューオータニ長岡とオンラインとのハイブリッド開催(予定)

2021年電気学会産業応用部門大会 企業展示会(オンライン)
https://client.eventhub.jp/e/Y0BsOI4df/home
2021年8月18日(水)~2021年9月3日(金)


大分県電磁応用技術研究会は、大分県産業科学技術センターと共同で2021年電気学会産業応用部門大会 企業展示会(オンライン)に出展します。

「企業展示会(オンライン)」は、2021年8月18日(水)~9月3日(金)の間、開催となります。

当研究会(大分県産業科学技術センター)ブースへの来場をお待ちしております。


【2021年電気学会産業応用部門大会】
・会期:2021年8月25日(水)〜8月27日(金)
・会場:ニューオータニ長岡とオンラインとのハイブリッド開催(予定)
・公式サイト:https://www.gakkai-web.net/gakkai/jiasc/hp21/index.html

 

【2021年電気学会産業応用部門大会 企業展示(オンライン)】
・2021年8月18日(水)~2021年9月3日(金)
・公式サイト:https://client.eventhub.jp/e/Y0BsOI4df/home

大分県電磁応用技術研究会ロゴ
【2021年電気学会産業応用部門大会【企業展示特設サイト】
・研究会HP特設サイト:http://www.oita-mag.jp/ieej_ias_2021/

【展示会】~ご来場のお礼~TECHNO-FRONTIER2021オンライン展示会


TECHNO-FRONTIER2021オンライン展示会
~~ ご来場のお礼 ~~


「TECHNO-FRONTIER2021オンライン展示会」では、
【大分県電磁応用技術研究会】オンラインブースへご来場いただきありがとうございました。

電磁鋼板やアモルファス薄帯などの磁気特性やモータ鉄損測定など各種磁気測定に対応し、
また、業界での課題に対応する新しい技術開発を進めております。
磁気測定に関するご相談やご要望がありましたら是非お問い合わせください。

(問合せ先)
■大分県電磁応用技術研究会 http://www.oita-mag.jp/
担当:事務局 城門 由人(きど ゆきひと)yu-kido@oita-ri.jp

※本会HP「磁気特性測定 特設サイト」にて各種磁気特性測定について紹介しております。
http://www.oita-mag.jp/tokusetsu-jikisokutei/
※大分県電磁応用技術研究会は、大分県産業科学技術センターが事務局として運営し、
電磁応用技術に関する調査研究を行うとともに、新たな産業創出のための活動を実施しています。

(会員企業)
■株式会社ブライテック http://www.btec-net.co.jp/
担当:技術開発部 相原 茂 shigeru_aihara@btec-net.co.jp

ブライテックは、電磁鋼板などの軟磁性材料の磁気特性測定の問題を解決します。
電磁鋼板の応力下の磁気特性の測定を行う応力負荷型単板磁気試験器、
モータや変圧器の実機の磁気特性を測定する二次元磁気特性可視化装置、
2次元単板磁気試験器などの磁気特性測定機器の開発・製造・販売を行っています。
また、極小磁気センサの加工技術やFPGAを使用した測定の高速化技術など、特徴のある磁気特性計測に関する技術を提供します。
あわせて、上記の測定装置による磁気特性の測定・試験の依頼及び受託測定を承ります。

■大分県産業科学技術センター http://www.oita-ri.jp/
担当:電磁力担当 城門 由人(きど ゆきひと)yu-kido@oita-ri.jp

各種磁気測定や磁気応用機器開発に関する技術相談、研究開発、依頼試験などを行います。
http://www.oita-ri.jp/innovation-laboratory-oita-panel/innovation-laboratory-oita
http://www.oita-ri.jp/riyou-guide/iso-iec17025_oiri
※大分県産業科学技術センターは、磁気特性試験区分 JIS C 2550-1 5鉄損 に対する国際MRA対応のJNLA認定試験事業者です。

磁気測定などに関するご相談、ご要望などございましたら、お気軽にご連絡ください。
–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–
大分県電磁応用技術研究会 事務局(大分県産業科学技術センター内)
TEL: 097-596-7101、FAX: 097-596-7110、E-mail: info@oita-mag.jp
–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–

【研究発表会】「令和3年度大分県産業科学技術センター研究発表会」のお知らせ(8/4)[申込締切 7/30]


大分県産業科学技術センターからのお知らせ

■「令和3年度大分県産業科学技術センター研究発表会」の お知らせ (8/4)[申込締切 7/30]
詳細:http://www.oita-ri.jp/12651


●概要:
 当センターで取り組んだ研究を県内企業の皆様に広く知っていただくため、研究発表会を開催いたします。今回は、オンライン聴講も可能です。
 センターとの共同研究を検討中、または研究内容にご興味のある皆様の聴講をお待ちしております。また、発表会後には当センターの施設見学会も予定しております。

●日時:
 令和3年8月4日(水)14:30~ (会場受付 14:00~)

●場所:
 大分県産業科学技術センター 第1研修室
 (大分市高江西1-4361-10)

●当日スケジュール:
 ◇研究発表 14:30~15:50
  ①体形に合わせて変化する車いす用クッションの開発
  ②ドローン安全フライトに関する上空環境の計測とEMC評価
  ③セルロースナノファイバー(CNF)と水系高分子の複合化に関する研究
  ④蒸留技術を用いた県内農産物の食品素材化への検討

 ◇施設見学 15:55~16:55
  電波暗室、磁気シールドルーム、マイクロフォーカスX線CT装置、
  ドローンアナライザ、食品オープンラボ

●定員:
 会場での聴講    10名
 オンラインでの聴講 50名
 施設見学      10名(会場で聴講される方のみ対象です。)

●参加費:
 無料

●申込方法:
 申込書にご記入の上、FAXまたはメールにてお申し込みください。
 〆切 令和3年7月30日(金)中

●お問合せ先:
 大分県産業科学技術センター 企画連携担当 清水 山本
 Tel:097-596-7100  Fax:097-596-7110
 E-mail:info@oita-ri.jp

–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–
大分県電磁応用技術研究会 事務局(大分県産業科学技術センター内)
TEL: 097-596-7101、FAX: 097-596-7110、E-mail: info@oita-mag.jp
–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–

【セミナー】「3Dものづくりのための高性能マイクロフォーカスX線CTシステム導入セミナー」のお知らせ(8/27)【申込締切8/25】


大分県産業科学技術センターからのお知らせ

■3Dものづくりのための高性能マイクロフォーカスX線CTシステム導入セミナー」のお知らせ(8/27)
詳細:http://www.oita-ri.jp/12611


●概要:
 大分県では、経済産業省の平成30年度補正地域新成長産業創出促進事業費補助金(地域未来オープンイノベーション・プラットフォーム構築事業)により、高性能マイクロフォーカスX線CTシステムを導入しました。
 ものづくり企業の製品開発、品質管理において、X線CTシステムを活用した非破壊検査のニーズは年々高まっています。また、新たに非接触3Dスキャナとしての活用も近年注目されています。
 そこで本セミナーでは、X線に関する基礎知識から当該システムの特徴に至るまで、活用事例を交えながら分かりやすく解説するとともに、3Dプリンタの普及により注目されているデジタルエンジニアリングへの活用など、最新の技術情報についても紹介します。また、実機見学も行う予定ですので、多くの皆様のご参加をお待ちしております。

●日時:
令和3年8月27日(金)13:30~16:00(受付開始 13:00)

●会場:
大分県産業科学技術センター 第1研修室
(大分市高江西1-4361-10)

●講師:
株式会社島津製作所 分析計測事業部 
グローバルアプリケーション開発センター
主任 井口 智 (いぐち さとし) 氏
※オンライン映像でのライブ配信講義を予定しております。

●定員:
15名(定員になり次第〆切)
※お申込多数の場合は、ご参加人数を各社で調整頂く可能性がございます。
※コロナ感染対策のため、受付での健康チェックとマスク着用をお願いします。

●受講料:
無料

●お申込み方法:
 上記詳細URLより開催案内をダウンロードし、受講申込書に必要事項をご記入の上、FAXまたはメールにてお申込みください。

締切 令和3年8月25日(水)17:00必着

●お問合せ先:
大分県産業科学技術センター 金属担当 宮城友昭
TEL:097-596-7111(内線304) FAX:097-596-7110

–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–
大分県電磁応用技術研究会 事務局(大分県産業科学技術センター内)
TEL: 097-596-7101、FAX: 097-596-7110、E-mail: info@oita-mag.jp
–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–

【公募】「産業科学技術センター リサーチルーム(貸研究室)入居者募集」のお知らせ [申込締切7/30]


大分県産業科学技術センターからのお知らせ

■【公募】「産業科学技術センター リサーチルーム(貸研究室)入居者募集」のお知らせ [申込締切7/30]
  詳細 http://www.oita-ri.jp/12602


●概要:
  大分県では、現在、大分県版第4次産業革命「OITA4.0」への取組みである「ドローン産業の成長促進」と「電磁応用産業の育成」を推進するための施設「先端技術イーションラボ(Ds-Labo)」内に設置したリサーチルーム(貸研究室)の入居者の募集を行います。

●募集期間:
  令和3年7月1日(木)~7月30日(金)17:00まで(書類必着)
  「募集要項」、「入居の手引き」をご覧の上、大分県産業科学技術センターリサーチルーム入居計画書及び事業(研究開発)計画書(様式1)と関係書類をご提出ください。

●募集室数:
  1室:R101号室(令和3年9月以降入居予定)

●入居期間:
  最長3年間
  ・1年ごとに事業内容・進捗状況等のヒヤリングを行います。
  ・入居期間満了後にその延長を希望する場合は、改めて入居申請を行い入居審査を受ける必要があります。

●応募資格:
  入居対象者は、IoT、ドローン、AI及びロボット等革新的技術を活用した事業を行い、先端技術イノベーションラボ(Ds-Labo)に常駐し、施設及び設備を利活用する方です。
  ただし、県外に本拠地を置く事業者等においては、県内産業振興に資すると認められる方に限ります。
  ※大分県暴力団排除条例 第1章 第2条の(1)から(3)で定義される方及び同者に関係する方並びに事業者は応募できません。

●貸付料:
  月額 93,928円 (65,750円*)
  *ドローン協議会の会員であるなど、企業同士の連携により県内産業の振興に資すると認められる入居者は最大3割まで貸付料を減免できる場合があります。
  (ただし、入居から3年間を限度)
  月額貸付料とは別に、庁舎等管理費、電気料、水道料をご負担いただきます。

●お申込み・お問合せ先:
  大分県産業科学技術センター 企画連携担当
  TEL:097-596-7101    FAX:097-596-7110
  E-mail:info@oita-ri.jp

–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–
大分県電磁応用技術研究会 事務局(大分県産業科学技術センター内)
TEL: 097-596-7101、FAX: 097-596-7110、E-mail: info@oita-mag.jp
–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–