「ネプコンジャパン」(1/15-17)に出展します

大分県電磁応用技術研究会は、大分県LSIクラスター形成推進会議が九州の他団体と共同で設ける大規模な九州パビリオン内の展示ブースに出展します。
大分県での電磁力応用技術に関する技術開発や研究開発並びに当研究会についてPRします。

大分県LSIクラスター形成推進会議ブース(九州パビリオン内)では、同会議会員13社が参加します。会場では、半導体ばかりで無く、自動車、ロボットなど 幅広い展示が行われ皆様の事業に役立つ情報収集も可能です。是非お立ち寄りください。

「ネプコンジャパン」開催概要
【会期】2020年1月15日(水)~17日(金)
    10:00~18:00(最終日のみ17時まで)
【会場】東京ビッグサイト(西・南 展示棟)

※大分県LSIクラスターブース、九州パビリオンの位置は、西棟1階B会場 W5-28。添付図に黒矢印で示しています。(青矢印は参加会員名)

「技術開発等支援制度説明会・個別相談会 in 大分」(1/31)のお知らせ

「技術開発等支援制度説明会・個別相談会 in 大分」(1/31開催)のお知らせです。
奮ってご参加ください。


■「技術開発等支援制度説明会・個別相談会 in 大分」のお知らせ
  詳細 http://www.oita-ri.jp/10649

●概要:
  補助金などの支援制度は数多く用意されていますが、
  適切な制度を探すことは容易ではありません。
  本説明会では、研究開発から事業化までの様々なステージで
  活用できる最新の支援制度をまとめてご紹介します。

●日時:
  令和2年1月31日(金)13:00~17:00

●会場:
  大分県産業科学技術センター(大分市高江西1-4361-10)

●内容:
  1.九州経済産業局の支援制度
  2.NEDOのベンチャー・中小・中堅企業向け支援制度の紹介
  3.科学技術振興機構(JST)の支援制度
  4.中小企業基盤整備機構の支援制度
  5.物質・材料研究機構のナノテクノロジープラットフォーム事業の紹介
  6.大分県産業科学技術センターの支援制度
  7.大分県産業創造機構の支援制度
  8.大分県知財総合支援窓口の紹介
  9.個別相談会(要事前予約)

●参加費:
  無料

●申込期限:
  令和2年1月24日(金)
  (上記詳細ホームページのパンフレットを利用してFAX
  またはメールにてお申し込み下さい。)

●申込・お問合せ先:
  【開催内容に関する問い合わせ】
  九州経済産業局 産業技術課
  中村、重松
  電話 092-482-5464

●【申込に関するお問合せ(業務委託先)】
  テルウェル西日本株式会社 九州支店
  矢野、林、荒川、上野
  電話 092-260-1103
  FAX 092-273-1221
  E-mail:uketuke-kyu@telwel-west.co.jp

———————————————————————-
■ホームページ
http://www.oita-ri.jp/

■メール便のお申し込み・解除
http://www.oita-ri.jp/riyou-guide/mail-bin
———————————————————————-

–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–
大分県電磁応用技術研究会 事務局
(大分県産業科学技術センター内)
TEL: 097-596-7100、FAX: 097-596-7110
E-mail: info@oita-mag.jp
–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–

「レーザドップラ振動計活用セミナー ~振動・騒音を非接触で、ピンポイントで測定~」(1/9)開催のご案内

■「レーザドップラ振動計活用セミナー ~振動・騒音を非接触で、ピンポイントで測定~」(1/9)開催のご案内

詳細URL http://www.oita-mag.jp/2019/12/18/「レーザドップラ振動計活用セミナー-~振動・騒/

●概要:
自動車、電気機器、生産機械装置、半導体製造装置などの工業製品の品質管理や検査、機械装置やプラント設備の保守や異常診断などにおいて音や振動の測定による評価は不可欠となっています。
また、共振による金属疲労や破損は重大な事故の要因となるため、製品開発における振動試験は必須といえます。
そこで大分県産業科学技術センターでは、電子部品から大型構造物までの振動や騒音を非接触で、ピンポイントで測定できるポリテックジャパン株式会社製レーザドップラ振動計VibroFlexを公益財団法人JKA(競輪)の補助により令和元年11月に導入しました。
この度、最新のレーザドップラ振動計の活用を主に振動測定技術の基礎と活用事例などについて、企業技術者の皆様を対象とした研修を行います。
ご関心の方は奮ってご参加ください。

●日時:
令和2年1月9日(木) 10:00~11:30

●会場:
大分県産業科学技術センター 第2研修室 (大分市高江西1-4361-10)

●定員:
20名(※申込多数の場合先着順)

●参加費:
無料

●主催・共催:
主催 大分県産業科学技術センター
共催 大分県電磁応用技術研究会

●内容:
講演 「振動測定技術の基礎と最新のレーザドップラ振動計の活用事例」
内容 最新のレーザドップラ振動計の活用を主に振動測定技術の基礎と活用事例など
講師 ポリテックジャパン株式会社 営業部 アカウントマネージャー 中川竹和 氏

●申込締切:
令和2年1月8日(水)

●申込方法:
申込サイト https://www.egov-oita.pref.oita.jp/8wtMAJvA
もしくは、上記詳細URLから申込書をダウンロードし、 FAX( 097-596-7110 )
にてお申込みください。

●お問い合わせ・お申し込み先:
大分県産業科学技術センター 電磁力担当 城門(きど)・池田
TEL:097-596-7101 FAX:097-596-7110
E-mail:yu-kido@oita-ri.jp

–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–
大分県電磁応用技術研究会 事務局
(大分県産業科学技術センター内)
TEL: 097-596-7100、FAX: 097-596-7110
E-mail: info@oita-mag.jp
–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–

「精密測定技術講習会~三次元測定機による精密測定のツボ~」(12/11)のお知らせ

「精密測定技術講習会 ~三次元測定機による精密測定のツボ~」(12/11)の お知らせです。
奮ってご参加ください。


■「精密測定技術講習会 ~三次元測定機による精密測定のツボ~」(12/11)のお知らせ
詳細 http://www.oita-ri.jp/10636

●概要:
大分県産業科学技術センターでは、CAD/CAM/CAE、3Dプリンター、非接触3次元
デジタイジングシステム等の設計・造形・加工・解析・測定設備からなる「3次元
デジタルものづくり環境」を整備し、3次元デジタルデータによる高効率・高精度な
ものづくりの支援を行っております。
本講習会では、高精度なモノづくりには欠かせない三次元測定機について、最新の
知見に基づいた精密測定技術を学びます。

●開催日時:
令和元年12月11日(水) 13:30~16:50(受付 13:10~)

●内容:
・13:30~14:30 講義「三次元測定機における誤差要因と最新の測定技術」
・14:40~15:40 講義「三次元測定機で測定する幾何公差」
・15:50~16:50 実機デモ(サンプル測定可能。事前申込にて先着2社まで。)

●講師:
株式会社 東京精密
計測センター アプリケーションチーム 山本 圭太 氏
計測センター アプリケーションチーム 本田 達也 氏

●開催場所:
大分県産業科学技術センター 2F 第1研修室(大分市高江西1丁目4361-10)

●定員:
20名

●参加費:
無料

●申込期限:
令和元年12月6日(金)

●申込方法:
詳細URLから申込書をダウンロードし、必要事項を記入の上メールまたはFAXで
お申し込みください。

●お申込・お問い合わせ先:
大分県産業科学技術センター 機械担当 重光/船田
TEL:097-596-7101 FAX:097-596-7110
E-mail:shigemitu@oita-ri.jp

–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–
大分県電磁応用技術研究会 事務局
(大分県産業科学技術センター内)
TEL: 097-596-7100、FAX: 097-596-7110
E-mail: info@oita-mag.jp
–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–

「SEMICON Japan 2019」(12/11-13)に出展します

大分県電磁応用技術研究会は、大分県LSIクラスター形成推進会議が九州の他団体と共同で設ける大規模な九州パビリオン内のの展示ブースに出展します。
大分県での電磁力応用技術に関する技術開発や研究開発並びに当研究会についてPRします。

大分県LSIクラスター形成推進会議ブース(九州パビリオン内)では、大分県の関連するドローンや、先端ラボ、応用ビジネスなど幅広い事業をご覧いただけます。
是非お立ち寄りください。

SEMICON Japan 2019開催概要

SEMICON Japan 2019 フロアマップ
※九州パビリオンは、西展示棟 HALL 2 の部品・材料ゾーンにあり、大分県LSIクラスター形成推進会議(4323)を含むブロックです。

「OITAドローンフェスタ2019」(12/20-21)のお知らせ

「OITAドローンフェスタ2019」(12/20-21開催)のお知らせです。
奮ってご参加ください。


■「OITAドローンフェスタ2019」(12/20-21)のご案内
詳細 https://zzevent.net/

●概要:
大分県をはじめ、九州・山口地域での先駆的な活用事例の創出や産業集積の拡大を
目指し、「OITAドローンフェスタ2019」 を下記のとおり開催しますのでお知らせ
します。
国内外のドローンの最新技術や活用事例を広くご紹介する 「ドローン見本市」、
ドローンの第一線で活躍する方々にご参加いただく「講演会やパネルディスカッ
ション」、子どもから大人まで楽しみながらドローンを実際に使って触って学べる
「ドローン操縦・プログラミング体験会」 など、あらゆる世代が楽しめる内容と
なっています。
特に、12月20日(金)10時から開催する講演会では、シリコンバレーから世界有数
の自律ドローン会社であるSkydioのTom Moss氏をお招きし、シリコンバレーの最
先端のドローン技術についてご紹介いただく、またとない機会です。
ぜひ、奮ってご参加ください。多くの方のご来場をお待ちしております。

●日時:
12月20日(金)、21日(土)10:00 ~ 17:00

●場所:
大分県立美術館OPAM及びiichiko総合文化センター

●入場:
無料

●フェス内容:
【12月20日(金)】企業向け
主な内容
〇ドローン見本市
〇講演会・パネルディスカッション※1
〇ワークショップ・セミナー※1
〇デモンストレーション
【12月21日(土)】県民向け
主な内容
〇ドローン見本市
〇ドローン操縦・プログラミング体験会※1※2
〇デモンストレーション
※1)参加を希望される方は、必ず専用ホームページで事前予約をしてください。
※2)ドローン操縦・プログラミング体験会は小中学生対象です。

●お問合せ先:
OITAドローンフェスタ2019実行委員会 事務局
TEL:097-506-3272
E-mail:oita2019@blue-i.co.jp

–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–
大分県電磁応用技術研究会 事務局
(大分県産業科学技術センター内)
TEL: 097-596-7100、FAX: 097-596-7110
E-mail: info@oita-mag.jp
–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–.–

TECHNO-FRONTIER 2020(第38回モータ技術展)共同出展企業決定

令和元年9月13日付け「モータ技術展への出展企業募集」で案内しておりました大分県電磁応用技術研究会が出展計画中のTECHNO-FRONTIER2020(第38回モータ技術展)での共同出展企業について、書類審査の結果、以下のとおり決定いたしました。

【共同出展企業】
株式会社ブライテック(大分市)
http://www.btec-net.co.jp/
展示概要:磁気特性測定に関するソリューション


TECHNO-FRONTIER2020(第38回モータ技術展)
  会期:令和2年4月8日(水)~ 4月10日(金)
  場所:幕張メッセ(千葉市美浜区中瀬2-1)
  モータ技術展URL:https://jma-tf.com/outline/motor/

TECHNO-FRONTIER 2020(第38回モータ技術展)共同出展者の募集【終了しました】

当研究会では、会員企業の新規取引先開拓を支援するため、
TECHNO-FRONTIER 2020(第38回モータ技術展)に出展いたします。
そこで、ブース内に製品や試作品を展示する会員企業を募集します。
新たな取引先の開拓をお考えの会員企業様は、この機会をご活用ください。

会期:令和2年4月8日(水)~ 4月10日(金)
場所:幕張メッセ(千葉市美浜区中瀬2-1)
モータ技術展URL:https://jma-tf.com/outline/motor/

「自動車・機械金属技術者のための電磁応用セミナー」(7/30)を開催しました

日時:令和元年7月30日
講師:堀 充孝 様(日本電磁測器(株))
概要:
 電磁応用技術は、自動車のEVモータや鍛造部品の品質管理、金属部品の欠陥評価など機械金属分野にも広く活用されています。こうした電磁応用技術の有効活用を目的とした初級者向けのセミナーを令和元年7月30日に開催しました。会員企業技術者4社7名が参加されました。
 講師には、日本電磁測器(株) 堀 充孝氏をお招きし、「鉄鋼と磁石材の着脱磁と磁気特性評価及び探傷試験」と題しまして、磁粉探傷の基礎から着磁・脱磁まで、効果的に活用するためのポイントやノウハウをわかりやすく解説していただきました。
 その後、大分県産業科学技術センター研究員が「県内での電磁応用技術の活用事例と大分県電磁応用技術研究会の事業紹介」と題し、機械金属関係の電磁応用開発例を紹介し、先端技術イノベーションラボの見学ツアーを実施しました。
 半日のセミナーでしたが、弊センターで初めて開催した機械金属分野への電磁応用の講義ということもあり、電気分野と違った話が聞けて、非常に有意義でした。終了後の参加者アンケートでは、概ね好評との評価をいただきました。ステンレス鋼の加工時の磁化、金属への着磁・消磁など、機械金属分野での電磁応用のご相談がありましたら、電磁応用技術研究会事務局にお気軽にご連絡ください。       

自動車動車・機械金属技術者のための電磁応用セミナー